壁紙を貼り替えるタイミング

      壁紙を貼り替えるタイミング はコメントを受け付けていません。

壁紙を貼り替えるタイミング
内装というのは、年月が経つと経年劣化してしまい、
見た目に不具合さを発してしまいます。
劣化してしまい綺麗ではない内装で過ごし続けるのは、
あまりいい気はしませんよね。
快適な空間を過ごす為には、
定期的な内装工事のリフォームが必要となります。
中でも、内装の見た目を大きく左右するのは、
壁紙ではないでしょうか。

壁紙を貼り替えてみたいと思っても、
どのタイミングで行うべきなのかわからない方も多いと思います。
壁紙の張り替えタイミングについて、詳しくご紹介致します。

壁紙は、このようなタイミングで張り替える事がベストとなります。

・壁紙の変色
1番の壁紙張り替えのタイミングは、
壁紙の変色が激しくなってきたタイミングです。
壁紙にはどうしても生活する上での汚れや臭いが付着してしまい、
10年程度で明らかな変色を感じてしまいます。
変色して汚れてきたなと思ったら、
壁紙を貼り替えるタイミングとなります。
見た目の判断は、家具の裏や掲示物の裏等、
壁紙が表に出ていない部分の色と表面に出ている部分の色と比較すると、
とても分かりやすいです。

・カビ臭さ
室内にカビ臭さが発生していると、
カビ菌が壁紙に付着している可能性があります。
近年の壁紙には調湿機能や消臭機能がありますので、
壁紙を張り替える事でカビを少なくさせる事が出来、
カビ臭さが無い空間へと導く事が出来ます。
防カビ機能や調湿機能がある機能性壁紙に張り替える事で、
カビをシャットアウト出来ます。
アレルギーをお持ちの方は楽になりますので、
早めに張り替えるようにしましょう。

・水回りの改修工事の際
どこのご家庭でも、1度は必ず水回りの什器備品の
取り換えを行うタイミングはあります。
その際に、一緒に内装も一掃すると見栄えがとても良くなります。
水回りの什器備品を取り換えてしまうと什器備品が邪魔になり
壁紙の張り替えが面倒になってしまうので、
同時に行う事がベストとなります。

・床の張り替えの際
フローリング等床を張り替えした際は、
壁も張り替えないとせっかくの床の張り替えも
台無しとなってしまいます。
一緒に張り替える事で、
空間全体が新築のような綺麗さを発揮させる事が出来ます。

・中古物件購入の際
中古物件を購入の際は、
どうしても前入居者の生活感が出ている建物となっております。
内装を変えるだけで、前入居者の生活感を消す事が可能となります。

・家族が増えた場合
新しい家族が増えた場合、
心機一転として壁紙を貼り替えるお宅は大変多くあります。
二世帯同居する事になった、子どもが生まれた、
子どもが独立して家族が少なくなった場合など、
様々な生活形態の変化により壁紙を貼り替えるお宅は多くあります。

・家電や家具の入れ替え
家電や家具を新しい物に新調した際、
新しい家電や家具の大きさが小さい事で
クロスの汚れが目立ってしまう事があります。
よくある事は、エアコンや照明器具を取り換えた際、
新しい器具が小さい事で壁紙に出来た色むらが
目立ってしまう事があります。

・時期としては10年を目安に
時期のタイミングは、
10年を目安にするとわかりやすいです。
明らかな劣化が出てきますので、
壁紙張り替えのタイミングとなります。

このようなタイミングにより壁紙の張り替えを検討してみると、
良いタイミングの張り替えとする事が出来ます。