ペットに優しい内装リフォームと目を向けるべきポイント②

      ペットに優しい内装リフォームと目を向けるべきポイント② はコメントを受け付けていません。

ペットに優しい内装リフォーム
さて、前回に引き続きペットに優しい内装リフォームについて
お話しさせていただきます。

◆内装リフォームの際に目を向けるべきペットのストレス
内装リフォームの際に目を向ける点は、材料や工事環境だけではなく、
ペットが受けてしまうストレスにも目を向けるようにしましょう。
ペットは慣れていない人と接触するのが苦手であり、
特に工事に来る職人さんはインパクトがありすぎるので、
ストレスとなってしまう事があります。
このようなポイントに、目を向けるようにしましょう。

・職人さんと接触しないように隔離しておく
ペットは職人さんが大嫌いですので、
接触しないように隔離しておくようにしましょう。
ペットには、リフォームをしないお部屋にいてもらうようにし、
職人さんと接触させない事で
少しはペットのストレスもやわらげる事が出来ます。

・内装工事をするお部屋にトイレや水を置かない
内装リフォームをする際、
うっかりトイレやお水をリフォームを行っている
お部屋に置きっぱなしにしてしまい、
犬猫が使えない状態になってしまう事があります。
内装リフォームの場合、石膏ボードの粉やパテの粉等が浮遊し、
トイレやお水に入ってしまい、
そのまま使わせる事で健康被害となってしまう事もあります。
ペットのトイレや水は、
内装リフォームを行う空間には置かないようにしましょう。

・うっかり窓や玄関を開けっぱなしでリフォームをしているとペットが外に出てしまう
内装リフォームの際は、窓や玄関を開ける場合があります。
もちろんペットを室内で飼っているという事で、
窓やドアを開けたらすぐに閉めるように
あらかじめお話をしていても、
ついつい作業に熱中してしまい
開けっ放しになってしまう事も少なくありません。
普段は窓や玄関ドアを開けっぱなしにしていても
出て行かない犬や猫も、
リフォームのストレスにより外に出てしまう事があります。
知らない間に外に出てしまい、
見つからなくなったなどのトラブルもありますので、
注意するようにしましょう。
ケージに入れる事が可能であれば、
内装リフォーム中は特にケージに入ってもらうようにしましょう。

・内装リフォーム中はなるべく飼い主がペットのそばにいてあげる
職人さんと遭遇しない為に隔離してあげる事は必須項目なのですが、
職人さんが工事を行う際に発生してしまう騒音は、避ける事が出来ません。
普段聞きなれない騒音は、ペットにとってストレスとなってしまいます。
内装リフォーム中は出来るだけ飼い主さんがペットと一緒にいてあげると、
騒音が耳に入ってきてもストレスが半減されます。
ペットの癒しは飼い主ですので、
一緒にいてあげる事でかなりのストレス軽減に繋げる事が出来ます。

・あまりにも元気が無くなったら外に連れ出してあげる
様々な事をしてあげても、
ペットにとってはいつもと違う環境に疲れ切ってしまいます。
あまりに元気が無くなり、
ぐったりして食事も水も取らなくなってしまう事もありますので、
そんな時は外に連れ出してあげると気分転換になります。

いかがでしたでしょうか。
ペットを室内で飼っている方は、いつまでもペットと元気に一緒にいられるよう、
ペットに合わせた内装材へのリフォームも考えてあげるようにしましょう。
人間はペットに合わせてあげる事は出来ますが。ペットはそうはいきません。
人間がペットに合わせてあげ、一緒に快適な生活が出来る空間を作りましょう。